スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

( ^ω^)デジタルブーンストーリー 女神転生その23

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/03(木) 14:48:52.71 ID:ReOPkt6D0
前回のあらすじ

バエルに近い力を持つタシロスとの戦いをなんとか避けたい安藤たちは、あの手この手で戦闘を回避しようとする。
しかし安藤たちはタシロスを怒らせてしまう。
戦いは避けられないのか?そこに以前ちょっとだけ登場した「ムスカティックアーム」が現れる!!!


本当に最終話「地獄巡り」




2 名前:hgu998LA0 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 15:00:31.22 ID:ReOPkt6D0
                             , r '":::::::::::::::::::::::::::::::l::|
                       ,ィ'"; ̄fk'":::::::::::::::::::::,;;、:::::::::::::::l::|ri
                      i',r:ェェ=:;=ァヾ:::::::::::::,...∠ニゝ、:::::::,!'/:,!
                       ,t-i",.彡-‐‐-,.-''"      `:Y ,!::|
            |゙:、 ,.r:''" ̄ ミ'フ"7 ´~´ l  i  |;    : : : : ::レ:::i|
            | ,゙"    : / ,.ェ--―ニiヽ、_  |!   ,. -‐ '" ̄ゝj!
            |/     .: /rク;キ==三|l三ミミヽ,、ト、r'"::,. - ''^;ヽ,.-'"
          ゙ヾ、゙゙゙'''‐-ュ;く;ク;'/r;ニ三三ilミi;:ゝメヾヽ; \::::::::.  ゙:、',,.--;、
             | ̄ ̄~`> く,.ィ!i: .:) |! `丶ミヽヾシ"::::\,. -'" l  ';;i
             |  ;::  / | ゞニ"∠ニ二 トヾ'::::::::::::,.r1l    ',   ゙',
          ,! ̄'~ ̄ 7ヾr':'"   l i      , へヾミ;ジ !;i!     rァ l;|
          ! ,'   ,'::/ヽ、   l !    ,.ィ"   \   ゞ!、      l:|
          i|,,,::!   ;!'    ヾ,  !i   ,:'"       ゙:、   ゙:!     ,!:|
          l|    ,:'     ゙:、 i ! ./  __      ':,   ゙;, . =‐く/
          ノ   ,' ,. -―‐-=ミ;_;∠,r1~    ~`ミ;、 ',   f;;:' ノ |::'i!
        r‐'くミレrく、: : :    |ゝ  ヾ:l!      ゙:,ヾ',1  |.i^ニ,, |::::| `""´
ムスカティックアーム「さあ、早く行くんだ!!全ての戦いを終わらせるために・・・!!」

タシロス「いかせはしないっ!!!何人たりともバエル様の前へ行かせるわけにはいかんっ!!!」

( ^ω^)「それじゃーよろしく」

ムスカティックアーム「OK!!あとでまた会おうぜ!!!」





バエル城・バエルの部屋前

( ^ω^)「ここが風雲バエル城の中心・・・!!バエルの間・・!!」



4 名前:hgu998LA0 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 15:04:38.26 ID:ReOPkt6D0
           _,,,,,,,,_
          /..;;;''';;,,\
      ,,r-‐‐'^,,,,ヘ、,,,^⌒`;;─-、,,_
     /,,,,;;;;、,/彡三ミヘ,,,::::....'''';;;;;'^^ヽ-、,,,,_
     (ヽ''"^゙;;(((てoヘ))i}、メ゜。:::ヽ,,,,_゙"^''::::;;;;`''──ー----一--、,,_
     ヾ、,,,, ゙^ヾ=三彳ノヽ=、,,_。。゜・;;::ヽ。,,,_..゙''''ヘ;;;ノ⌒ミ^"''';;:'''""゙'。\
     \、;;ゞ,,‐.... ̄..,,,彡ニヾ、ヽ,,゜ハ゜:〉i:i!}。ヘ-、,,,,;;;;.,,,,i,,,,, ...:;;;、..^丶ヘ
       \ヽ、.. ,,;;;::...((( tソ.;))}ヘo,, /。{。ノ.. ヾ。;;;;°)..ヽ;;... ハト、ヽ;;;ヽ
         `ヾミ、、,,,..::ゞミ=ソ丿};;。〈。,,ヽ、⌒)`^"⌒'´::;;;;;;{ ...,,;;;;;;;;;;ヽ,メ\
           `ヾ、,,''、,,=‐、( ..^'';;:::;;;;;;::ヾ、ノ゜。,ヘ"^ ,,....;;;;;}ゝ、;;;''゙ヽ;;;ト..,゙i;,''\
             \`ヽ、ヽ'、;::,,。ッ' `''",,ノ ::;;;;;;;i'ヽ::::::''{;;;;{,,r‐、<´;;;;)ヽ::ヘ,,:::ヽ
              入,,..::'''‐、..`'''',,,,,,ヽ、;;i,:::/ミソ..::::: ::..}ノ⌒ヽ‐ミ;;:::,,,,;;;〉..::::゙i;,.)
            彡‐''^ヘ,,.,,,:::,,::ヽ、\;;;ヽ`' i::;;//.:::i {;;;;ヽ;;;;。二ニ:::メ-、,,,,,(^;Y
                ゙i,.i'"ヽ'';;;;;ヽヘノ..::::;;:}:;/.;':::;;;;レ´;;;;;;;;。::;;;;r-‐''''''"^,,,--┴、
           ┐    Y',,, :::`;,,ハ ゙、,,,,;;::::: : : : :::;;;::::;-'''",,,;;;''',,r-''"^,,ヽ''',,{;;;}
      ===、,,_ }レ‐;''"~~´:::i;;,, ‐、..ト、ノ::;;;;::::::::: :.:.,,/^;;;)ノ,,,-'"^;;;;ゞ :::>、,,゙^''ノ
       _,,,,,,フ、,`";;::ヾ'',,ヽ'、:: `''´、;;;ノ  `''‐---─/,,ヽソ'''/;''ヽ-ィ'´,,/;;;;;;;メ,,../
      ‐"'''^"`'‐-‐''、,,;;;;=乂ヽ,;;,,r‐'^.       /;;''、ソ,/;;, ,,;::::};;;;;ノ:ノ,,‐'^/
              `''''─'''"^    ==--、,,,_(,,;;;::::'''"^',,;;::;;;;;:::::;;,r‐'"r‐'"
魔王バエル「きたな・・・!救世主よ・・・!!我が魔力で消し飛ばしてくれるわっ!!!」

( ^ω^)「やってみな・・・!!できるものならなぁっ!!!」



5 名前:hgu998LA0 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 15:08:22.92 ID:ReOPkt6D0
          /⌒ヽ
   ⊂二二二( ^ω^)二⊃  
        |    /
         ( ヽノ
         ノ>ノ
      ..........レレ

        ...........⌒ヽ
    ..........  ( ´ω`)二⊃  
     ..........   /
       ..........ヽノ
     ..........>ノ

       ........../⌒ヽ
        ..........´ω`)  

ユキエ「安藤さぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーんっ!!!!」

バエル「あれ・・・もう終わっちゃった?バエルびっくり」

ユキエ「そんな・・・あっけない・・・あっけなさすぎる・・・今までの旅路はなんだったというの・・・そんな・・・」

バエル「なんだったんだろうねー。こんなあっけなく終わるならさっさと攻めていればよかったねー」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/03(木) 15:09:50.92 ID:H6R4TB8PO
まんまカエルかよwwwwwwwww


7 名前:hgu998LA0 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 15:10:06.45 ID:ReOPkt6D0
安藤死す・・・!      終


10 名前:hgu998LA0 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 15:17:28.89 ID:ReOPkt6D0
賽の河原

( ^ω^)「ここはどこだお・・・俺は確かに砕け散ったはずだお・・・」

謎の声「その通り、お前は砕け散って死んだ。今のお前は魂だけの存在・・・ようこそ、冥界への入口へ・・・」

( ^ω^)「誰だお?」

: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : /ヽ: : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : :i、  ヽ: : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : |   ヽ: : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : /    i、: : : : : : : : : :
: : : : : : : : /      ヽ: : : : : : : : :
: : : : : : : : : ̄ヽ、  〃ニ\: : : : : : :
: : : : : ゚。ソ;: : : : |   <ゞ゚。,'  - 、: :
: : : : "'''''''' ゙|: : : :|    "'''''゙゛   ヽ
: :ヽ     /: : : |          /
: : : `l   /: : : :{´  ヽ       ,l
: : : : \__/: : : : :ト、 ,,、ヽ、     ,'、
: : : : : : : : : : : : : l i,、,,,,,,,、丶.   .l: : :
: : : : : : : : : : : : :.r ゞ゙゙゙゙゙iiii;;;;,,    i': : :
: : : : : : : : : : : ─‐'ー──、    /: : :
: : : : : : : : : : : ミニ       /: : : : :
: : : : : : : : : : : ヽ       /|: : : : :
: : : : : : : : : : : : :',      /  !: : : : :
: : : : : : : : : : : : : :`.‐ .. -'    l: : : : :
カロン「我が名はカロン・・・!!三途の川の渡し守なり・・・!!」

( ^ω^)「へぇー」



13 名前:hgu998LA0 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 15:21:45.02 ID:ReOPkt6D0
カロン「お前は死んだ!!!これからお前は冥界に往くのだが・・・」

カロン「地獄の沙汰も金次第という。出すものを出せば貴様を蘇らせてやろう・・・」

カロン「聞けば貴様は志半ばで倒れたそうだな・・・どうだ・・・悪い話ではないだろう・・・!!」

( ^ω^)「・・・」

カロン「さあ・・・蘇りたければ出すもの出していただこうか!!!」

( ^ω^)「わ、わかったお・・・」

カロン「ククク・・・そうだ・・・それでいい・・・」

カロン「(クックック~~ンッ!!ボロい話だぜぇーーーーっ!!!死人ってのは大抵現世に未練があるもんだっ!!!)」

カロン「(生き返られるとなればほいほい金を出しやがるっ!!ククク・・・なんか色々問題あるんじゃないかって言われるがよぉ・・・)」

カロン「(不正はみつからなかったら不正じゃないんだぜぇーーーーーーーーーーっ!!!)」



14 名前:hgu998LA0 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 15:27:53.61 ID:ReOPkt6D0
( ^ω^)「出しました」

カロン「んーどれどれ・・・」

                    /ヾ
                  ゝイ丿
                   / /
                  / /
                  / /
        /⌒ヽ    / // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 シコ    (*^ω^)   / /< 出しました・・・
      /     ヽ、 / /  \______
 シコ  ( ) ゚ ゚/ヽ、/⊂//
      \ ヽ、 (  /⊂//
        \ ⌒つ /
        (  ̄/ /
        |  |O○ \
        |  |   \ \
        |  )    |  )
        / /     / /
       / /       ∪
       ∪
カロン「ああ・・・次は小便だ・・・って違う!!!違う!!!違う!!!!違う!!!!違う!!!!!!ちがぁーーーーーーーうっ!!!!」

( ^ω^)「違うんすか?」

カロン「違う!!!この場合『出すもの』ってのは金!!!金だ!!!!わかってねーなお前は!!!早く金を出せ!!!」



15 名前:hgu998LA0 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 15:31:57.71 ID:ReOPkt6D0
                    /ヾ
                  ゝイ丿
                   / /
                  / /
                  / /
        /⌒ヽ    / // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 シコ    (*^ω^)   / /< キン?キンならここに・・・
      /     ヽ、 / /  \______
 シコ  ( ) ゚ ゚/ヽ、/⊂//
      \ ヽ、 (  /⊂//
        \ ⌒つ /
        (  ̄/ /
        |  |O○ ←ココ
        |  |   \ \
カロン「違う!!!金玉じゃない!!!!金だ!!!かね!!!キャッシュ!!!クレジット!!!マネェーーーーーーッ!!!」

( ゜ω゜)「金が欲しいのなら最初から金をだせっていえよ。ややこしい言い方しやがって糞が。何がカロンだ。マロンみたいな名前しやがって。ぶっ殺すぞ」

カロン「ひぃーーーーっ!!!ごめんなさい!!!殺さないでください!!!!命だけは!!!」

( ゜ω゜)「許して欲しかったら出すものだして貰おうか。おーっと、金(カネ)を出すんだぜ。キンとか出したらその時点で殺すからなぁーっ!!!」

カロン「クッ・・・自分のしたことを棚にあげて・・・」



16 名前:hgu998LA0 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 15:35:42.63 ID:ReOPkt6D0
( ^ω^)「ああん!!!口答えしてんじゃねぇーーーーーーーーーっ!!!」

カロン「あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!」

( ^ω^)「へへへ・・・金を出すのを待つより、最初からぶっ殺した方が早かったぜ・・・!!!」

( ゜ω゜)「はっ」

( ^ω^)「殺してしまったら生き返ることができないお・・・困ったお・・・」



三途の川

( ^ω^)「とにかく先に進んでみるお。もしかしたら何かあるかもしれないお」

( ^ω^)「しかし・・・ここが魂の世界かお・・・不気味だけど、とても心が落ち着く場所だお・・・」

( ^ω^)「なんていうかアレだお・・・真っ昼間に廃屋にいるみたいな感じだお・・・・」



17 名前:hgu998LA0 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 15:46:01.70 ID:ReOPkt6D0
2時間後

( ^ω^)「船に乗ってぶらぶらしてたら陸地が見えてきたお。一面真っ赤で妙な臭いがする場所だお。不気味だお」


血の池地獄

( ^ω^)「看板に血の池地獄って書いてあるお。地獄・・・」

( ^ω^)「地獄・・・ねぇ・・・」

( ^ω^)「救世主なのに地獄・・・・どういうことだお。なんで俺は今地獄にいるんだお。納得いかないお」

( ^ω^)「とりあえず血の池地獄を通り抜けてみるお」






( ^ω^)「特にこれといって何もなく終わったお」


針山地獄

( ^ω^)「とんでもない数の針が地面から突き出ているお・・・」

( ^ω^)「・・・」

( ^ω^)「わざわざ針の上を通っていくことはないお。迂回していくお」

( ^ω^)「なんか針に刺されて死んだらしき人の遺体・・・ん?魂の世界だから魂のぬけがら?ん?ともかくそんなもんがごろごろしているけど、馬鹿正直に刺さりにいくって正直アホの極みだお」



19 名前:hgu998LA0 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 16:04:40.82 ID:ReOPkt6D0
亡者砂漠

( ^ω^)「多くの地獄をくぐり抜けてきたら砂漠みたいなところに出たお・・・」







( ^ω^)「まあ・・・とくにコレと言ったこともなく抜けたんですけど」

砂漠を抜けた先にあった塔・・・その最上階から、バエルを凌駕するほどの妖力を感じた・・・

修羅の塔・・・ここで・・・安藤は運命的な出会いをすることになる・・・

そして、それが全ての始まりだった・・・



20 名前:hgu998LA0 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 16:12:51.45 ID:ReOPkt6D0
修羅の塔 最下層
( ^ω^)「・・・」

第2層
( ^ω^)「・・・」

第3層
( ^ω^)「・・・」

第4層
( ^ω^)「・・・」

最上層
( ^ω^)「・・・」

( ^ω^)「ここがてっぺんだお・・・ここから凄まじい妖力を感じるお・・・一体何がいるんだお・・・」

( ^ω^)「恐ろしいお・・・でも・・・ここにこないと話が進まない気がするお・・・だから・・恐れず立ち向かうお!!!!」



21 名前:hgu998LA0 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 16:20:46.21 ID:ReOPkt6D0
       , - '  `-
     _ |o   o o|   __
   |` -ヽ  \´"/\゙`;/ /
   |   〉   ∨ :∩: ∨  /
   |_ /   。  :∪: 。  ヽ
    | |  :|`─、_ _,-'^l /
    |- |  | _|_`´ _|__| ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |  〉 〉´、● ,| | ● | く < 貴様は何者だ・・・
    | / /  | ̄ |   ̄|´ 〉 〉  \_______
    リ ヽ  | 、 ┗  | / レi
    \_|: | | ̄ ̄ソ´| |_ /
    |::::: \|  ` ̄ ̄ |/|
    |:::::::   \ __I_/  |
- ─ '|:::::::   \    ノ   |` - 、_

( ^ω^)「お前こそだれだお」

謎の悪魔「人の住居に突然押しかけてきておいて、お前こそだれだじゃないだろう」

( ^ω^)「人に名前を尋ねる前にまず自分からって言うだろう」

謎の悪魔「いや、その考え方は正しいが、この状況ではそれは通用しない。さあ名乗るがいい」

( ^ω^)「いやいやお前から先に名乗れお」

謎の悪魔「ふざけるな!!!貴様!!!このアスラ王の獄炎で焼き尽くしてくれようぞ!!!!!」

( ^ω^)「なるほど、アスラ王と言うのかお」

アスラ王「なにっ・・・何故私の名前を・・・!!」



22 名前:hgu998LA0 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 16:24:03.36 ID:ReOPkt6D0
( ^ω^)「・・・ところで」

アスラ王「質問に答えよ!!!何故我が名前がわかったのだ!!貴様は読心術を使えるのか!?」

( ^ω^)「つっこまんぞ俺は」

アスラ王「フフフ・・・やるな・・・お約束の返しをあくまでもやらないつもりか・・・悪魔相手に・・・ククク・・・悪魔あいてにあくまでもやらない・・・フフ・・・」

( ^ω^)「・・・」

アスラ王「・・・」

( ^ω^)「・・・」

アスラ王「語るには飽いた・・・・!!そろそろ消えてもらおうか・・・!!」



23 名前:hgu998LA0 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 16:31:34.60 ID:ReOPkt6D0
( ^ω^)「消えるまえに質問があるお」

アスラ王「なんだ」

( ^ω^)「カロンって言うやつが生き返らせてくれるって言ったんだけど、色々あって誤って殺してしまったんだお」

( ^ω^)「お前代わりに生き返らせてくれお」

アスラ王「馬鹿な。そのようなこと、できるはずがないだろう」

( ^ω^)「・・・」

( ^ω^)「この安藤には使命がある」

( ^ω^)「俺はバエルを倒し、人々の平和を取り戻さねばならぬのだ・・!!これは唯一神から与えられた、救世主である俺の使命ッ!!なんとかならないか?」

アスラ王「バエルだと!!!バエル・・!!そうか、やつを倒すのか・・・」

( ^ω^)「知っているのかお?」

アスラ王「・・・ああ・・・やつは かつて わたしや ルシファー とともに ゆいいつしんに あくまにかえられた かみなのだ・・・」

( ^ω^)「なんだって!?」

アスラ王「ゆいいつしんこそしんのじゃあくなのだ・・・ あくまたちは おどらされているにすぎない」

アスラ王「じんるいが ゆいいつしんを あがめるように しむけるためにな・・・!!」

( ^ω^)「俺は・・・俺はいったい何のために戦ってきたんだ・・・!!」



24 名前:hgu998LA0 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 16:37:14.44 ID:ReOPkt6D0
アスラ王「唯一神のためだろ」

( ^ω^)「・・・」

( ^ω^)「違う・・・魔女さんや・・・悪男・・・荒巻・・・みんなのために・・・死んでいった人々の魂を慰めるために・・・!生きていく人々に希望を与えるために戦ってきた・・・!!!」

アスラ王「お前の心にあるもの・・・それは紛う事なき正義の心・・・・!!!!」

       , - '  `-、
     _ |o   o o|   __
   |` -ヽ  \´"/\゙`;/ /
   |   〉   ∨ :∩: ∨  /
   |_ /   。  :∪: 。  ヽ
    || |  :|`─、_ _,-'^l /
    |゚。|  | _|___, _|_ | ヽ
    || 〉 〉´、0゚x。| |0゚x,`| く
    || / / (( ̄l   ̄))〉 〉
    リ ヽ  ))  ━ ((|/ レi
    \_|: /ハ ̄ ̄/ ))_ /
    |::::: \)) `─‐' (/|
    |:::::::   \,__'_,/ |
- ─ '|:::::::   \    ノ   |` - 、_
アフラ・マズダ「お前のおかげで私はかつての姿を取り戻すことができた・・・礼を言うぞ、安藤よ!!!」

アフラ・マズダ「救世主か・・・そうだな・・・お前は本当の救世主になれるやもしれぬ・・・」

アフラ・マズダ「安藤・・・!!お前に力をやろう・・・私の力を!!!」

アフラ・マズダ「そして蘇るがいい・・・!!闇にとらわれたバエル・・・いや、バールの心を取り戻してくれ!!!」



25 名前:hgu998LA0 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 16:40:24.08 ID:ReOPkt6D0
         /!                /'ヘ
          ! ',    _,、;⌒;.、_  ,,、/::::| 〉
       | | 〉‐-‐シ^ω^yヾ`'7 ハ:::i/
       トi|ノ_三ニ‐'-`^'゛‐''"´'゛\'´l、
       シ´ ̄    _,,、=''"フ/ハツ ´ l
       ノ,,、_,,.、-‐''"´  ,,/// /   /
       \ー -   ,/´ // イ   (
         ゛‐、     / / / -‐'"フ}
           {´   /  /  /、 '" / \
         ),./ / /   /| \ ノ ; {
        ノ    / /  /:ハ'、!!!`ヽ;'_, |
       /  /  /  /_/ ヽ,〉!!!!!l: `i|
        /   /  /  /;ハ  イ!!!!!!!| |!|
      /   /  /  l゛;l,,:〈i /!!!!!!!;ノ`'〉|
    /  /  /  /::ハ_,/' /!!!!!!!!トハf;|!l、
    /   / / /ii7゛:::/i〉! !:,/!!!!!!!!!!!!!レリ!i|!
    /  / /  ヾ∧:::|!!j::l_,レ'i!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!|i
  /  / /   (Y∨!!l:::| |ハ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!} i
  /   / /    i´ヽ/ヾ|/| | リ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!l '、
 ,}  /  i    (\∧ ヘi!:Y l!!!!!!!!i'!!!!!!!!!!!!l '、
 ヽッ'  i  r'゛´` li、| '; i|::| |!!!!!!!!|レ'""!ヘ!!l  !
  /    l_r‐'    ``'、';i|::| l゛´ヾ/ ′ 〈!!!| /
 l    /    、   '; /。!。l〉    ″ );ヘ〉
 L、i  l  ,:         /i::::| i ゛ヾi     'ヾ
  ヽi !  '´ ゛     〈!:〉´ノ`i〉    rッ
   ヽl_,..::'' :. `  ,/_i:;;:i、.,,_li;、  、 ´
安藤「この力は一体・・・・!!!!!!!!!!」

アフラ・マズダ「強引に話を繋げてやった・・・前章であれだけ後悔していたのにな・・・!!」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/03(木) 16:42:04.21 ID:yfl6F2gS0
おまえかwwwwww


27 名前:hgu998LA0 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 16:46:41.69 ID:ReOPkt6D0
バエル城は突然光につつまれ、音もなく崩れ去ったという。

バエル城付近でうろちょろしていた男は語る。




戦いはあっけなく終わった。



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/03(木) 16:49:28.60 ID:vCs6MwaD0
ちょwwwwwwwwwこれはひどいwwwwwwwww


29 名前:hgu998LA0 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 16:53:12.63 ID:ReOPkt6D0
ユキエ「安藤さんは結局帰ってこなかった」

悪男「あの男、死んだのか」

ユキエ「死んでいません!!今もどこかできっと生きてますよ・・・あの時のように・・・」

悪男「どうだかな・・・まあ死んでいようが死んでいまいがどうでもいいことさ・・・」

ユキエ「悪男さん!どうしてそんなことが言えるんですか?一緒に旅をした仲間じゃないですか!!!」

悪男「ふん・・・過去のことさ・・・今の俺は、真の救世主として悪魔の討伐に忙しいんだ・・・」

ユキエ「悪魔たちはバエルがいなくなったことで武器を捨てました。彼らは共存していくことを望んでいますよ」

悪男「親兄弟を殺された人間がそんなことを認めると思うか?彼らに必要なものは、殺された人の数と同じだけの悪魔の死体だ」

悪男「俺は全ての悪魔を狩りつくすぜ・・・この地の悪魔がいなくなったら、次は魔界だ・・・」

悪男「魔女よ、お前もついてこい。それが救世主の道具として作られた、お前の運命だ」




悪男と魔女は3ヶ月後、姿を消した。彼らは二度と戻ってくることはなかった。

魔界で力尽きたのか、それとも・・・



31 名前:hgu998LA0 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 17:04:24.13 ID:ReOPkt6D0
それから気の遠くなるぐらいの時間が過ぎた・・・


32 名前:hgu998LA0 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 17:07:36.88 ID:ReOPkt6D0
魔界

ルシファー「私を説得しにきただと!?今更過去に未練などないわ」

スプンタ・マンユ「ルシファーよ!光の翼を取り戻し、共に唯一神をうち倒そう!!!」

ルシファー「ええいうるさいわ!!!お前なんか私の部下の使い魔になってしまえ!!!」

スプンタ・マンユ「アッー!」












第6章・・・終



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/03(木) 17:08:27.91 ID:UqX41j8R0
ちょwwwwwねーよwwww


34 名前:hgu998LA0 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 17:14:50.97 ID:ReOPkt6D0
再開がとびとびになったりバイツァダストが数回発動したりと色々あった第六部ですが、ようやく終わりました。
今まで応援してくださった方、ありがとうございました。



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/03(木) 17:17:24.16 ID:yfl6F2gS0
そうか!第二部に出てきたクロウリーの手下にスプンタ・マンユがいたのはそういうことだったのか!


っておい!


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/03(木) 17:24:42.39 ID:QLd+qEQcO
作者おつ!
ペルソナ3やった?


37 名前:hgu998LA0 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 17:28:52.30 ID:ReOPkt6D0
ペルソナ3はまだ袋開けてもいないぞ。前に買った大神も開けてないな。
戦国BASARA2は慶次と忠勝と濃姫がレベル50こえた。



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/03(木) 17:45:47.01 ID:yfl6F2gS0
スプンタ・マンユはルシファーに敗れ洗脳される直前に自らの分身を生み出した。
その分身が新たなカロンとなり、また新たに内藤アンドレという名の分身を生み出した。


ってことですか?てかふざけんなてめえ




ということ


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/03(木) 17:51:46.44 ID:H6R4TB8PO
今までアンパンマンの顔やポパイのほうれん草みたいなポジションだったのに台無しやんけ


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/03(木) 17:57:32.71 ID:fbEOsY7p0
俺屍wwwwwwwwww


43 名前:作者 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 18:21:14.12 ID:0ag21R/JO
スプンタの分身は武運、武運の転生したのが内藤。

最後のはギャグ


真面目に考えると馬鹿をみる



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/03(木) 18:27:49.24 ID:yfl6F2gS0
あれ?武運はスプンタ・マンユに認められて一体化したんじゃ


46 名前:作者 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 18:34:10.12 ID:0ag21R/JO
ああ、そうか

マニトゥ戦で消滅するところが救われ、転生したが悪魔との因縁が切れずスプンタが死んだカロンになりすまして冥府に行くまえに助けてたとかじゃなかったかな


誰か過去ログ読んで



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/03(木) 18:54:52.70 ID:yfl6F2gS0
時間軸からするとユキエに殴られて正気に戻ったスプンタがカロンになったなんてことは
ないわけだが


50 名前:作者 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 19:10:39.15 ID:0ag21R/JO
よー覚えてるな


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/03(木) 19:12:54.28 ID:yfl6F2gS0
まとめ見ながら書き込んでます


52 名前:作者 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 19:14:28.12 ID:0ag21R/JO
よー頑張るな

それだけ愛してもらっていたというわけか



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/03(木) 19:50:23.50 ID:urciYGS/0
また楽しい作品、書いてくれよ


56 名前:作者 ◆zMHAgNaZEM :2006/08/03(木) 19:55:54.30 ID:0ag21R/JO
次書くときはもう少し短くて、読めるものを書くよ

ダラダラと続けたのが間違いだった



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/03(木) 20:37:10.55 ID:r6WJuHKu0
やっと追いついた。
さくしゃおつ!また会う日まで








( ^ω^)デジタルブーンストーリー 女神転生 完

スポンサーサイト

2006.09.11 | Comments(6) | Trackback(0) | デジタルブーンストーリー

コメント

うおっしゃああああああああ
待ってたかいがあったああああ


ありがとうござます。
21のコメ欄見て投下してくれたなら
まとめのひと愛してる。

それでなくても愛してる。

本当に長いことありがとうございました。

2006-09-11 月 01:40:49 | URL | 翡翠 #- [ 編集]

まとめの人テラGJ。
チラチラ見にきてたかいがあったぜ

そして作者禿乙

2006-09-11 月 22:08:19 | URL | 以下、名無しにryVI #- [ 編集]

まとめの人、作者乙です!

2006-09-12 火 15:23:59 | URL | 以下、名無しにryVI #- [ 編集]

まとめのひと作者いままでありがとう またなんか書いて

2006-09-20 水 16:34:03 | URL | 以下、名無しにryVI #- [ 編集]

プチトマト乙

2006-09-22 金 23:05:24 | URL | 以下、名無しにryVI #- [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2010-02-15 月 02:40:25 | | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

焼き鳥

  • Author:焼き鳥
  • すごい ねむい

    ブーンと悪魔召喚スレ
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ランキング


↑ついでにクリック!

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。